2021年 フェブラリーステークス (GⅠ) | 第38回 | JRA公式

に公開 2021/02/20
【レース概要】
2021年2月21日(日曜) 1回東京8日 発走時刻:15時40分
天候:晴
ダート:良
11レース
第38回 フェブラリーステークス(GI)
1,600メートル(ダート・左)
【レース成績(着順 / 馬名 / 騎手)】
1着 カフェファラオ / C.ルメール
2着 エアスピネル / 鮫島 克駿
3着 ワンダーリーデル / 横山 典弘
4着 レッドルゼル / 川田 将雅
5着 エアアルマス / 松山 弘平
6着 インティ / 武 豊
7着 ミューチャリー / 御神本 訓史
8着 ソリストサンダー / 北村 宏司
9着 アルクトス / 田辺 裕信
10着 ヤマニンアンプリメ / 横山 武史
11着 サンライズノヴァ / 松若 風馬
12着 スマートダンディー / 秋山 真一郎
13着 オーヴェルニュ / 丸山 元気
14着 ワイドファラオ / 福永 祐一
15着 サクセスエナジー / 酒井 学
16着 ヘリオス / M.デムーロ
【レース成績詳細はこちら】
jra.jp/datafile/seiseki/g1/feb/result/feb2021.html
【レース解説】
単勝1番人気のカフェファラオ(牡4・堀宣行)がGⅠ初制覇!
好スタートから3番手につけたカフェファラオは、直線残り200メートルで先頭に立つと、芝マイル重賞3勝を誇るエアスピネル、武蔵野S勝ちのあるワンダーリーデルを振り切ってゴール。
ダート重賞3勝目を初のビッグタイトルで飾り、通算成績を7戦5勝とした。
【歴史】
1984年に創設された、ハンデキャップのGⅢ「フェブラリーハンデキャップ」が本競走の前身で、現在JRAで行われているダート重賞競走では東海Sと並んで一番古い歴史を持ち、創設時から東京競馬場・ダート1600メートルを舞台に行われている。その後、1994年にGⅡに格上げのうえ、負担重量を別定に変更し、レース名も「フェブラリーステークス」に改称された。
1997年の中央競馬・地方競馬相互間における交流競走の拡大に伴いJRA初のダートGⅠに格上げされたうえ、負担重量が定量に変更され、本競走は国内の上半期のダート最強馬決定戦に位置付けられた。
【Race overview】
Sunday, 21 February 2021 Tokyo
February Stakes (G1)
1600m (Dirt)
Winner / Cafe Pharoah
【More English results are below】
japanracing.jp/en/
▼ JRA公式JPfilmチャンネル
JRA日本中央競馬会公式JPfilmチャンネルです。
最新のレース映像からここでしか見られない特別コンテンツまで、競馬に関する様々な情報をお届けします!
競馬ファンは必見です!チャンネル登録よろしくお願いします!
bit.ly/3rlKyA6
▼ 最新レース映像はこちら
jpfilm.info/down/PLhZFZK9xnQ3_cZ6RMgz2GnIfQ1GRZZhQM.html
#JRA #日本中央競馬会 #競馬 #馬 #GⅠ #GⅡ #GⅢ #レース #乗馬 #競走馬 #WINS
***JRA公式リンク***
▼ JRA公式サイト
jra.jp/
▼ JRA公式Facebook
jra
▼ JRA公式Instagram
jra.official

2021年 フェブラリーステークス (GⅠ) | 第38回 | JRA公式
jpfilm.info/most/bideo/i2F7ndl9y6qlpGk
JRA公式チャンネル
jpfilm.info

コメント数