ジークンドーマスター石井東吾 vs 小比類巻!2Rスパーリング対決!!対談ではブルースリー直系秘話も。Jeet Kune Do master

に公開 2020/11/18
🥊チャンネル登録のほど宜しくお願い致します。
⇒ bit.ly/2vkChV0
矢地選手の動画でもおなじみ?ジークンドーの達人である石井先生と対決させていただきました。感想は……とにかく凄かったです。
※ 追記:スパーリング中のBGMの音量が大きい、いらない等のコメントを複数いただきました。
せっかくのスパーリング映像を過度な演出編集により魅力を半減させてしまい申し訳ございませんでした。皆様の声を真摯に受け止め、今後の編集等に活かしていきたいと思いますので、ご容赦いただけましたら幸いです。この場を借りて、お詫び申し上げます。(編集スタッフより)

▼石井東吾先生のジークンドーはこちらからチェック!
www.brucelee-jfjkd.com/instructor-1

🥊小比類巻貴之オフィシャルホームページ
kohiruimaki.com/
🥊小比類巻貴之 公式witter(@kohikick11)
kohikick11
🥊JPfilmrさんとのコラボ等、ご興味いただけた方はコチラまでご連絡お願いいたします。その他ご質問などもお気軽に。
⇒ kohiruimaki.com/toi/

//////////////////////////////////
*よく使うBGM
TheFatRat & Anjulie - Close To The Sun
jpfilm.info/most/bideo/oHunrM2htG-WioI
TheFatRat - Windfall
jpfilm.info/most/bideo/m6KdtdKWtH3Ok5I
「OtoLogic」otologic.jp
「魔王魂」maoudamashii.jokersounds.com/
「効果音ラボ」soundeffect-lab.info/
//////////////////////////////////
#ジークンドー #石井東吾 #小比類巻貴之 #JeetKuneDo #JKD

コメント数

  • 東吾先生凄いけど、やっぱりプロの格闘家の鍛えられた肉体の圧力には敵わない感じだな。 技を圧倒する耐久力とパワーを持つのがプロなんだってのがよく分かる。 しかし東吾先生のスピード滅茶苦茶速いな……スピードで小比類巻さんに圧力かけられるレベルとか。

  • スポーツと武道の違いか。 恐いほど強いね先生は。

  • Nice guys, good to see professional fighter's with an open mind and the willingness to embrace other ideas, it's how any system evolves

  • ジークンドーがグローブ無しで急所攻撃が基本だから、2Rの動きが本来の動きだろうね。 まじで危ない

  • コヒのおなかが!!

  • 確かにBGMがうるさいですね。

  • ジークンドー経験者です。 貴重な東吾先生のスパーリング、ありがとうございました。 また、上からのカメラは斬新ですね。

  • アマチュアBクラス、2戦1敗1分けくらいの実力はあるね

  • みんなスタスタ歩くところ怖いって書いてるけど、小比類巻さんがその気ならあんな歩き方してたらバチボコにもらってるよ。

  • あんまり武術とか信じない派だけどこの人まじもんに強いわ。

  • 東吾先生の物腰の柔らかいお人柄なら無駄に敵を作ることもなく。万が一危機に陥っても自分と大切な人を護れる術がある。個人的には理想的な武術家の姿の一つだとの思います。

  • 石井先生のボディストレートさすが

  • 小比類巻さんも、東吾先生もお互いにリスペクトがあって、とても気持ちのいい動画でした 🙂

  • ルール上の格闘技と武術の違いを改めて知らされました!良動画をありがとうございます!

  • さすが小比類巻さん!ひざのタイミングが完璧すぎる(笑)スパーじゃなくて試合であんなんくらったら一撃ですね💦

  • 小比類巻さんて聞き上手だなと思った

  • 近代ボクシングとフェンシングを取り入れる事で中国武術の弱点であるスピードと打撃の単調さをカバーしてるんだな。

  • 「目つきは入らない」って方いますが、初期の総合格闘技って、故意も含め「目突き事故」が多発していた時代があって。その理由がオープンブローや掌底。手指を開いた柔らかい状態で顔を殴ると、五指のうちのどれかが高い確率で目に入って流血したり、一時的になにも見えなくなって試合にならないことが頻発した。あまりに目つき事故が多いので、掌底はどのMMA団体でも禁止になりました。パンクラス、UFC、修斗、みんな掌底の危険性に気づいて禁止にしました。ちなみにボクシングではオープンブローはサミング(目潰し)扱いになり、レフェリーから注意されます。 ・・・要するに、「目つきは練習してなくても頻繁に起こる(または起こせる)」、とても危険で有効なものものなんです。なら、石井東吾さんたちのような「普段から目つきを練習されている」武術家ならどうでしょう。彼らの目つきが実戦でどれだけ脅威かは、どなたでもすぐに分かります。

    • @koukaku25011 同意します。自分はあんな攻撃は貰わない!という自信満々な人ほど危ないんですよね。

    • 高橋浩紀 そりゃどうでしょう。互いが気をつけて防止できるレベルなら、ルールで禁止にはなりませんから。90年代のMMA創成期は、当時から掌底は目つきになりやすいから、コミッションも選手同士も、目つき事故にはかなり警戒していました。それでもやたら起こる。気をつけても起こる。それほど目つきは入りやすいので、修斗なんか一時はフェイスガードまでさせてました。格闘技の歴史が証明している事実ですね。 ちなみに、ジャブを全て避けられる人間はボクシングのレジェンドチャンピオンクラスでもいません。ボクサーのジャブやダイレクトストレートの被弾率は20%前後で、クリーンヒットでなくとも4.5発に1発は顔に当たります。ましてやグローブ無しの小さい拳でのディフェンスだと、上手くブロッキングもパーリングも出来ませんから、確率はさらに上がるでしょう。…そんな時に被弾したジャブが、五指を広げた掌底や抜き手や熊手なら、高い確率で目に接触するのは、簡単に想定できますし、それらは創成期のMMAが証明しています。

    • @高橋浩紀 武道の高段者である警察官でも路上でナイフを振り回す素人に殺されたりしますよ。そういう自信がある人ほど危ないです。

    • 総合格闘技で目つきが入るのは、目つきが無い想定で戦ってるから。 金的も同じ。 それがある想定の路上の喧嘩で目つきと金的が入るかっていうのは別の話。

  • キックルールから離れた途端に小比類巻さんがキックの構えをしていられなくなったのがとても印象的でした。

  • 小比類氏感覚鈍りまくってるような… あれだけロー気にする人が、マスだけどまさか膝の内側蹴られるなんて… やっぱステップが独特すぎて、フェイント混ぜると格闘家はパニックなる。

  • 石井先生も凄いが、小比類巻さんの対応に好感を持ちました。

  • スパーリング中の音楽、僕は凄く好きですよ☺️

  • 試合なら石井さんは絶対負けると思う。 殺し合いなら石井さんは負けなさそう。 足と手を使ってこのスピードで目を抉られたら防ぎようがない

  • 面白かったです! 東吾先生、体格に見合ってない遠いところでやり取りしてますね。 同じ体格の人だと距離感ビビると思う。

  • スパーは向かないんじゃない?なるだけ短い時間で相手を倒してって武術でしょ。

  • うるさい客がいるな

  • この動画でハッキリ分かった 石井さんは実戦ではプロ格闘家と戦うほどの力はないけど 護身術としてのジークンドーは本物だ 過大評価はしたくないけど過小評価してた

  • どっちが強いって動画じゃないよねー このスパーの方式は面白い! 武道と格闘技は種類が違うからねー

  • 再生回数ケタ違いですね! 石井先生数字持ってるんですねぇ笑

  • さすがすぎる…

  • R1 ,小比類巻さんの初撃の右ミドルに、東吾先生が左肘で迎撃し笑っている。 本来なら膝頭ターゲットなのだが、脛の上部あたりにずらしたね。 これ、たくちゃんねるで言ってた技だよね。

  • 時代の境目に現れるタイプの人だよね〜 時流を掴んでる。 旧きものと新しきものの橋渡し、創造そしてリユニバース!

  • 尊重し合ってていいですね。

  • 兎に角ずっと声が遠い

  • 石井さん、やっぱりボクシンググローブ付け慣れてない感はやっぱりあるね。 まあ、日常生活でボクシンググローブ付けてる人なんて誰もいないけど。

  • 予備動作を抜くってすごい難しい。

  • 歩いてる姿がマジでブルース・リー

  • 石井先生大人気やなあ

  • 東吾先生、ボクシングの構えだと動きにくそうですね。ジークンドーの構えになったら動作が速すぎる。

  • てかこの体格差ヤバw

  • てか東吾先生JPfilm始めればいいのに!

  • やっぱり捕まるリスクがない限りスピードは命か

  • 石井先生のスパー。 見たいけどあり得ないやろな、と思ってました。 小比類巻さん、ありがとうございます! 2Rの石井先生のフットワーク、攻撃スピードは驚異的! 小比類巻さんの「うぉー!」と言う声が全てを物語ってます。 良い動画を公開して頂き感謝!

  • 接待スパ

  • 中心をどうのこうのは、剣道でも通じる話ですね。

  • ラウンド2での動きにブルースリーの面影が見えて鳥肌が立った!

  • 魔裟斗さんとコラボしてください

  • 受けてくれるのか…軽くでよかったね

  • スパーリング中の音楽いらないかな。せっかく貴重な映像なのに。

  • 優しいね小比類巻。余裕でグチャグチャに出来るのにしない。当たり前の階級差。実力差。

  • 東吾先生はキックの時はガード上げてるのに素手・禁じ手アリアリになるとガードが下げるんだね 金的対策なんだろうか

    • グローブが小さいほど、そして禁じ手が少ないほど、ガードの有効性が下がって、カウンター技術とスピードの有効性が高まるからだと思いますよ。金的防御の意味もあるかもしれないけど、ここでガードを下げてるのは、相手のどの技に対してもより速く適切なカウンターが出せる自信があるからだと思います。

  • これあれだ、重り外した悟空を見た時の気持ちだ

  • アホらし(笑)

  • この動画だけ見ると「何でもありなら武術 >> 格闘技」みたいに見えるかもですが・・ 目打ち金的まで有りであっても、普通は、プロ・元プロ格闘家になんて勝てるもんじゃないです。 (特に、理論だけになって鍛錬してないとかだと、なおさらです) それをマススパーの上とはいえ、ここまで圧倒できているのは、それだけ東吾先生が規格外の武術家なんだと感じます。 自分は武術側のファンですが、一応・・

  • グローブ有りとグローブ無しのスピードレンジと精度が段違い

  • グローブ外した途端、動きがもう格闘バトル漫画のそれ。

  • おお!おれはまさとはより、こひるいまきはだったよ。久しぶり見れて嬉しいよ。館長も見れて、JPfilm楽しいねぇ。がんばろっと。

  • 軽量級が強豪中量級を圧倒してる図は初めてみたかもしれない。急所狙う目のフェイントがものすごいね。

  • 1Rはキックルールなのに2人の手数の差が違いすぎる💦

  • 1:49 石井先生、この辺からシャドーで2回くらい目潰ししてるような。 手を握ってないから慣性でそういう形になってるだけ?

  • グローブ外してからの躍動感が凄いw

  • 真上からのアングルいらない。 見づらいだけ。 動画は面白かった。

  • ストレートファイトじゃ即④だね(東吾先生恐すぎgkbr 正座で見物してる姿見えて癒やされました(平良さん

  • 学生時代熱狂した小比類巻選手と 今現在夢中になっている石井東吾先生の共演。 生きててよかったぁ😂

  • ガードの隙間から、目やら首元にガンガン入ってる。 ガチだったら、ほんと一撃必殺なんですね。

  • BGMでかすぎて残念

  • マスぽいので仕方ないですね。加減しにくいし。

  • 過去に黄色い服着たのと戦ってる

  • 手を開いて構えるあたり小比類巻さんも空手家なんですね。 それにしても石井先生が怖いw

  • 面白い。 グローブ慣れか、素手慣れしてるかでこんなに変わるんだ。

  • ジークンドーはすごく面白いんだけど、格闘技観戦としてはキックボクシングのほうが面白い。 今まで自覚がなかったけど、格闘技観戦する素人な私は、ルール無用の戦いでは楽しむところが分からないんだと思う。戦うのは観たいけど壊し合いは見たくない。大切な人を守るための術という言葉がすごく重い。

  • BGMうっさ・・

  • 石井さんと中村師父はなんか感じ違くないですか?

    • 中村先生はシューティングメインのMMAがベースですから。石井先生はジークンドーメインのストライカーですね。

  • 東吾先生でカンフー映画が見たい!

  • スパ中BGMが大きすぎて音が聞こえにくいのが残念やわ

  • 東吾先生本当にすごい!コヒが手加減して自由にやらせているのもあるけど、リズミカルに上中下打ちわけてる。相手の土俵で、体重差もリーチ差もえげつないのに、こんだけ戦えるなんてすごい。

  • スピードが売りのジークンドーは🥊より、総合のフィンガーの方が実力発揮できそうだね!

  • やはり格闘家には勝てないと思ったけどグローブ外した瞬間逆転

  • ジークンドーは永春拳がメインのイメージが強かったけど、ボクシングやフェンシングの要素が強いというのは初めて知りました。うーむ、なるほど

  • 俺は目の前の敵に対してなんとも思わない 向かい合ってどう料理するかを決めたら勝負はついているからだ。byブルース・リー(ブルース・リー語録より)

  • ちょとまって、これ体重差何キロ!?やべえやろこんなん

  • 小比類巻さんが真面目にやったら序盤で終わってますけど体重差身長差ありますしできませんよね^ ^K-1時代から優しいstyle真面目な試合以外は好きです。

  • 「ジークンドーも結局キックと同じ動きになるやん」って意見をよく目にしてて、「まぁ確かに」と半ば納得してたけど、全く違うやん笑。こんなに違いが出るスパー初めて観た! どっちも凄い!!

  • スポーツと武の違いが見れる! 凄い!ここまで違うとは....... 空手とかもスポーツと武では全然違うのかな?

  • 子比類さんの言う「凄い」が伝わってきました。

  • 小比類巻さんは今は92kgだから体格差が凄すぎるw

  • 石井東吾さん 引っ張りジークンドー(笑) 石井東吾さんの乱用さよ(笑)

  • 体格差あると格闘技じゃ対等にはならんが、ルール無用だと幾らでも勝ち筋を作れる武術はやっぱり小柄な人や非力な人こそ学ぶことが多いよね。

  • 東吾先生凄か!

  • 2Rの東吾先生の見えてる感そうならこうする感が視てて怖い

  • 2Rの小比類巻さん途中から腰が引けてないか?現役の時でも見たことが無いよ?

  • ジークンドールールになると段々なんとなく小比類選手の構えが中国武術っぽくなるの好き😆

  • パールカップと、グローブなかったら、、 組み合って小比類巻さんの蹴りくらったら、、 格闘家、武術家あったら逃げるしかない

  • 格闘技から武道に変わった瞬間の 東吾先生のイキイキした動きの良さと顔よw

  • 普段グローブをつけて戦うことを想定してないから東吾先生かなりやりづらそう。 小比類巻さん流石にグローブの使い方守り方が上手い‥。 でも先生と同じ階級の人とだったらまた違いそう。 東吾さんの硬い発言からもグローブをつけた場合の体重の有利不利は本当に大きいんだなぁと思いました。 それに比べて素手だと逆に小比類巻さんが素手の恐怖を感じてて、東吾さんはジークンドーのフットワークや距離感で戦えて余裕がありそう。 素晴らしいコラボありがとうございました。

  • コヒ早いしか言ってなくて草

  • グローブとレガースのあるか、ないかで、これだけ、スピードに違いが出るんですね。動きが、早送りみたいで、すごい!!

  • 猛獣が猫にビビってる動画を見てる感覚

  • 1ラウンド目マキさんの膝おもそうだし本当に固そう、 2ラウンド目はほんとにかわいくみえた笑 格闘技ルールにない急所があるとやはり腰が若干ひけるのね‼️ おもしろかった

  • 格闘技選手とブルース先生が闘ったら?みたいな話題をする本や番組を見たことがありますが、愚問だということが分かりました😆