【シンエヴァンゲリオン考察】この動画でマリの全てがわかります。

に公開 2021/03/29
#エヴァンゲリオン #シンエヴァンゲリオン #エヴァ考察
今回はマリの正体について解説・考察しました。
皆さんの考察コメントもお待ちしてます!
▼動画内で紹介した動画
・【シンエヴァンゲリオン考察】渚カヲルの正体は〇〇。シンエヴァの謎全部教えます
jpfilm.info/most/bideo/dHScy5ZzvZank4I
・【シンエヴァンゲリオン考察】結局最後はどうなった?怒涛のクライマックスを徹底解説
jpfilm.info/most/bideo/aWlquKd4r6KtaXo
▼チャンネル紹介
エヴァンゲリオンについて考察・解説しています。
エヴァ好きの方のチャンネル登録を待っています。
jpfilm.info/vision/3CRJPX9k6HqQgd9hx9EVhQ.html

コメント数

  • そう言えばカヲルくんが初登場した時「歌はいいね」と言ってました。マリはいつも昭和歌謡を歌ってました。カヲルくんは第一 第十三の使徒 という事はマリも使徒ではないか。そこでイスカリオテのマリア。裏切りのマリア。ちなみに芸能界だと裏切りのマリエ^_^

  • どっかで見たんだけど、シンジを「ワンコ君」と呼ぶマリが最後シンジの首のチョーカーを外すことで飼われたチルドレンから自由に生きる者になったって考察見て、最後がレイでもアスカでもカヲルでもなくマリだったの納得いった ま、あの後何らかの隕石が地球に衝突して何らかの現象からLAS世界のループに入るんですけどね

  • 作品の締めを考えたらこれでいいんだけど、一部ファンは置いてけぼりになっちゃったのよ。

  • 無理なりな展開すぎる 無理やりくっつけてるだけ

  • 解説・考察を見ないで映画館で繰り返して見ているうちに モヨコさんへのラブレターのような映画だなって感じましたね。

  • 相補性って言葉の意味から考えると、未だにシンエヴァの解釈を聞く度に迷います。 多分考えすぎなだけですが。 【相補性】 生物学で言えば、遺伝において突然変異を起こした染色体が、一つの細胞内に2種あるとき、突然変異体の個々の作用以上の機能や形質が発現する現象とあります。 量子力学で言えば、互いに相反する二つの立場から物事を見るということで、両者が同時に正確な値をとることができない。一方の正確な知識は他方がまったく不確定という結果となる。このようにある物事が互いに干渉し合う二つの量によって記述されるとき,これらの量は互いに相補的であるという(不確定性原理によって表せられるので、相補性は古典的な言葉なのは今回は無視しちゃおw)。 これらを踏まえますと、庵野監督がいう電車の話かと。電車は二本のレールの上を走ります。二本のレールはどんな長さ(量)があってもお互いに認識できずに電車という人生を支えている。 相補性とは、二本のレールがそうであるように、お互い補い合いつつ支えあうことが難しくても、お互い理解不能、認識不能ながら一つの現象、機能(電車または人生)を生み出していること。なのだと。 なんやこの怪文書と思われたら数字を書き込んでくれれば、私がその分腹筋します。駄文ご容赦ぁあ!

  • 真希波マリ、名前にマリ、綾波も新劇場版のアスカも、名字に波が入ってる。 マリの何かしらの物(遺伝子やエヴァの適性等々)を綾波(綾波はユイをベースに、エヴァの適性等をユイ+αした?)と新劇場版のアスカ(ユイ:マリ=50:50になるように上手く作った?)に何らかの方法で組み込んだ説を思いついたけど、妄言でしかない マリの容姿が変わらない理由って、容姿が止まる以前に、エヴァの何らかの実験で、プラグ深度とかの実験等でエヴァの呪縛にかかったんじゃないかなんて妄言も置いておきます。

  • 安野モヨコ先生と結婚してたの知らなかった! だからオチビサンが使われてたのか!!!

  • シンジのくせにマリに綺麗だよとか言うとか。

  • アスカとマリとの関係も含めて考察してる? それもしっかり内容に入れろよ。 アスカに姫後達者で!からシンジとカップルになるって、変なじゃない?

  • 旧劇やQまででシンジが救えなかったのをマリが救うというのはマリが特異点だったってことだよね

  • エヴァのテレビ放送時に庵野監督が言ってましたね シンジは中学の時の自分でアスカはその時の理想の女性だと それを考えるとマリが奥さんなら、最後にシンジと共に新しい人生に向けて 走り去って行ったのがマリなら納得の結末ではありますね

  • えっ…なんでみんなマリと結ばれたと思ってるの、シンエヴァの本ヒロインはサクラちゃんでしょ?

  • マリ=安野モヨコ説が蔓延っているからなのか、つい先日の舞台挨拶に立った庵野秀明は「私の妻について語る前に妻の事を知って欲しい。妻の作品を読んだり、インタビュー記事を読んだ上で、妻の話をして欲しい。」とお願いしてました。そんなことを言うぐらいなのだからマリ=安野モヨコ説はハズレなのかと思った。それにマリだけは庵野が作ったキャラでもない。NHKのプロフェッショナルでも庵野がしきりに話していたのは、「自分の中に在るものを吐き出しても面白くない」というメッセージだった。エヴァンゲリオンを組み立てるためのアイディアを使い果たしてしまったからか、スタッフに別角度から作ってもらいたがっていた。その意図が鶴巻監督に上手く伝わっていなかった。

  • おれが思ったのはラストがジブリっぽいな〜も思った程度だわw

  • あの鼻歌が伏線になっていたとはねぇ…ただ彼女がシンジと年の差で20歳ぐらいの差があったはずなのに、シンジ達と同年代の肉体であったのは、アスカの使徒化と同じような理屈なのか?それとも、レイ達のような特殊なクローン体に魂の移行を可能とさせたり、若い肉体に脳髄を移植、といった方法がとられたのかはネタバレしていないので謎ですね。後、安直に見るならシンジはゲンドウに似たのか、それぞれの時代で交際相手をかわるがわる乗り換え、綾波レイ(貧乳)→アスカ(美乳)→マリ(巨乳)へとシフトチェンジしていったようにも見えます。

  • 年上のいい女(笑)

  • 母親好きってだけで嫌なのに、友達の好きな人にも手を出すヒロインって考察しろよw

  • とりあえず一番の巨乳をシンジくんは捕まえたということ。

  • って事は監督の奥さんも巨乳?

  • イスカリオテのユダの「揶揄」って使い方は間違ってるんだよなあ、、

  • 1:36 今年、高校2年から飛び級で京大医学部に入学した林璃菜子さんが現れたが、マリのモデルは林さんってことか。

  • 旧アニメはなんなら登場人物ほとんど庵野だからね

  • このチャンネルってもしかして総監督が解説してくれてるの? 何でこんなに分かるんだ

  • 結局ヒロインだと思っていたキャラは人間でもなくて、よくある無限ループから抜けだしてみんな救われて自分の妻をモデルにした新キャラが全てをかっさらってめでたしめでたしって言う監督の自己満足アニメって理解でOK?

  • エヴァってまだやってたんだ

  • 庵野監督がうつ病になった時に付き添ったのが奥さんなら、シンジがシンエヴァで落ち込んだ時にアスカがやケンスケが隣にいたのは不自然? そこまで再現するのは面白くない気もするけど。

  • 真綾さまの真実一路のマーチを聴くために何回も観に行ってる

  • マリは、アスカがシンジが好きだと知ってたよね? シンジマリがくっついたと喜ぶ奴らはそこには一切触れないの草 二人がお互いくっつかないから別に良いじゃんって思ってるのかね 酷いなw アスカマリの友情もうす~w 考察動画もこれには一切触れないからな。

  • この人が普通の人間だったことに一番びっくりしたよ。

  • 監督不行届きだっけ。を思い出すね。 とても分かりやすかった。 確かい庵野は自分がおもしろいものは受け入れられると思い「Q」を作った・・・が。 それで、鬱になってしまい、妻に母親のような温かみを感じ慰められたのだろう。とおもう。

  • UP主様と考えが一致して嬉しいです♪自分もマリのモデルは安野モモコさんではないのかと、「シンエヴァ」を見て感じました。

  • マリの口具合がかなり好きだなぁ。(マニアック)

  • 母親の事好きで息子に手を出す女、良い女か?w 回りにそんな奴いたら激ヤバだけどね。 歳も離れて、レズで、母親から息子に乗り換えた奴に歓喜とかヤバい映画 ちゃんと考察しろよ

  • 考察動画では一切触れない年の差w

  • 同性愛者から異性愛者になる展開すこ これを機にシンジとマリの薄い本見たい

  • 熟女と主人公のラブストーリーエヴァヤバい映画だね。

  • マザコンキモい

  • え?S₋DATって29まで進んでなかった?

  • アニメ見てなくて劇場版だけしか見てないけどマリが出てないアニメみたくやい‥

  • 映画館で後ろから聞こえた「だーれだ?」のセリフは一生忘れない。 マリさんのASMR欲しいな

  • シンエヴァを見た後は、レイよりもアスカよりも マリと結ばれたことが1番しっくりくる

  • 日高のり子さんと結ばれなかったのがシンエヴァに現れるなんて、ね

  • 新劇とコミック両方見てたからユイが好きだったマリがユイに似てるシンジに好意を抱くのも納得できるかな パラシュートでシンジに着地して顔見た瞬間ユイを思い浮かべ匂いを確認してわんこ君大好きになったのではないだろうか ゲームで冬月がシンジにカツラつけてユイのコスプレさせた件も伏線だったかもしれない TV、旧劇、新劇、コミック、ゲーム全てのエヴァ毎にシンジがループしていて シンでシンジは好きだったアスカと別れて綾波や全ての救済と回収を終えて新たなパートナーのマリとループの終了を表す「駅から出る」シーンで終劇

  • エヴァ見る前からマリ推しやったけど、その理由が同人誌読んたからなんて口が裂けても言えない

  • Kutukan eva bikin awet muda

  • 映画見てきました マリが大好きです

  • ヲタ恋の 蒲倉さんの予想が当たっただと

  • シンジとくっつくなんて思いもしなかった。

  • 真希波・マリ・ミスリアス

  • 考察って面白いし、難しいね。 マリは、破の仮設5号機を操縦して5号機と共に葬られる予定だったけど、そうならず助かった。 それを指示したのはゲンドウで、実際は加持リョウジなんだろうけど、度々加持リョウジは色々な命を受けて世界を飛び回ってた。 今回の新劇の世界では生き残ったけど、旧劇では違った方法で存在を消されてたんだろうな

  • 正体についてあんまり説明入ってないじゃん。今わかってる事実を述べただけでは

  • 映画の中に安野モヨコさんの漫画のキャラが出てくるし、プロフェッショナルを観た後にシンエヴァを観ると、 壮大な庵野の惚気話に付き合わされた感が半端なかった。 その為に沢山の製作陣を巻き込んだ庵野と、ユイの為に世界を巻き込んだゲンドウの姿が重なるのが面白い。 勿論、シンエヴァは色んなテーマが詰め込まれた作品だから、 これはその内のひとつの見方でしかないんだけど。

  • 人ってのはDNAで再現しても記憶や行動は再現できない だからユイの内面(許す心と支える心)を知るマリがシンジに足りない内面を伝えた、か。なるへそね〜

  • 愛する人にもう一度会いたかっただけの話。

  • マリはなんで年取らないの?結ばれたってエッチいことしたの?

  • 結論、マリは可愛い

  • 男の子の恋愛にかかわる女性として母と初恋の人が重要で、シンジ君の場合、レイは母(のクローン)、アスカが初恋(?)の相手になります。母(ユイ)は幼少期にいなくなり、アスカには旧劇場版で拒絶されるというトラウマがシンジ君の成長を妨げましたが、シンで母(ユイ、レイ)とアスカにお別れできたことで次の恋愛に進めたと思います。

  • シン・エヴァンゲリオン   西暦2021年 4月3日 JPfilm様 お待たせしました! (創価というテクノロジー犯罪) エバンゲリオン~シン・エヴァンゲリオンまで日本人にとって完璧な畢生攻略ブログです ちゃんと残してくれた早坂学君や被害者にありがとうございました   てんしの現象 FC2てんしの現象を検索してください……URL貼ったら消えました

  • マリずっと眼中に無かったけど良かったよ 今回本当にヒロインマリだった

  • マリの最大の謎である見た目の若さが、どの考察でも触られていない。 漫画版の設定とアニメの設定が同じだとすれば、シンエヴァでは47歳のはず。 「エバの呪縛」という人がいるものの、彼女がエヴァに初めて触れた年齢を考えると30前後。 クローンなのか、一人だけループを誰よりも早く繰り返しているのか、そもそも人間なのか? 残念ながらこの動画ではマリの「全て」はわからない。

  • はい。僕はサルと同然の『人間』という生き物ですが、理解できました。動画を挙げて下さってありがとうございます。

  • シンエヴァで、シンジとマリが駅のホームで一緒に居たのには、びっくりしました。。

  • 結構年上のオバハンが自分で胸の大きい良い女はちょっとキツイ

  • 最後のスーツ姿のシンジの声がカオルくんだったのはなんか意味があるのかね?

  • マリ大好き

  • マリさんが庵野監督の妻だったとは驚きでしかない

  • マリって結局容姿がめちゃくちゃ若いってだけで年齢はまあまあってこと?

  • マリってかなりおばはんなの?w 誰か詳しい人おしえて!

  • 考察でもなんでもねえじゃん

  • 安野モヨコ先生は猫好きだから語尾を「にゃん」にしたのかな

  • レイさんは母 アスカさんは姉 マリさんは血縁ない異性的な? そんな感じに思いました! 考えが沢山あって共感とか発見とかできる 作品はとても素晴らしいですね こんな機会をありがとうございます😊

  • マリって、血が濃くなり過ぎた皇室が民間から新たな后を迎えるような、そんなイメージ。色濃いエヴァファンからしたら、やはりアスカとレイへの思い入れが強いと思う。私もそう。 マリは異質で新しいヒロイン。だから、古式ゆかしいエヴァファンの私にはマリがメーガンに見えてしまう。

  • マリの特徴といえばなんと言っても「メガネ」な気がしますが、エヴァにおいての「メガネ」とは、「シンジくんとの家族関係」なのです。 作中の「メガネ」に関わるエピソードといえば、ゲンドウがレイを助け、その時に落ちたメガネをレイが拾い、それをシンジくんが受け取ったというシーンです。 ここでは、旦那から嫁へ、母から息子への「愛」として描かれます。 これを踏まえると、ユイからメガネを受け取ったマリがシンジくんと結ばれるのは何か運命的な必然を含んでいるように思えませんか? さらに、これを拡大して解釈することでキャラの心情も伺えます。 これをグラサン・ゴーグルにも当てはめましょう。 Qのミサトさんは冷たい態度を取っていながらも内心ではシンジくんの事を思っています。 シンエヴァ内で、ゲンドウはグラサンから別のものに変わっていました。 これは、「愛を見失った状態」であることを表しているとも言えます。 「庵野秀明」を語る上でもメガネはひとつのキーアイテムであり、作中のメガネの価値は軽んじる事はできません。 この考察を気に入ったらいいねお願いします()

  • メイクマジックルージュマジック?

  • 剰り言いたくないか「全世界に一斉配信したい」かのどちらかになるんだけどね、はっきり言って今の「フェミ女を放置してる」日本女さんて、今自分たちがどれだけ地獄への直行路を驀進してるか、まるで自覚が無いんだよね。

  • 良くもまぁって感じだね、めんどくせーわ

  • マリがヴンダーでアスカの髪を直しながら言ってた、「髪は『カオス』、人間の混沌や矛盾の象徴。姫が人間である証拠だよ」ってセリフ。 マリ自身にも関係あるセリフだと思ったので考察記事を書いてみました。 よかったらご一読ください↓ シンエヴァ、マリの「長い髪」から読み解くキャラクター像。イスカリオテのマリアとは? trashcanaman.com/entertainment-evangelion-sin-longhair/

  • エヴァに私事を介入してはダメ すみません、庵野さんやり直しで

  • 暴かれちゃったにゃ

  • S-DATのリピートは、TVシリーズ25話と26話、、および旧劇場版で作り直した25話、26話を表していて、エヴァの結末はどうすればよかったのか後悔してウジウジずっと考えてしまってた時期を表してて、27曲に進めたのは奥さんに出会って先に進む決断が出来たことを表してそう Qで朦朧と歩くシンジくんの頭の中でリピートする「エヴァに乗れ(エヴァの新作作れ)」と「なにもしないで(作品作るな)」「エヴァにだけは乗らんといてください(別の作品作れ)」は世間の評価に悩む監督を表してて、そのあとの28曲目(破)のS-DATをぶん投げてもう「エヴァにのりたくない!エヴァに乗ったっていいこと無かったんだ」ていうシーンも監督のこころの叫びなんじゃないかって思える

  • 最後シンジを助けに海に降りた時ユイからもらったメガネに変わってるんだよね

  • 待て待て待て待て マリ、最後のシーンで髪の毛下ろしてたやんけ……今まで髪お下げにしてたのはユイの形見みたいな感じだったけど、その呪縛からも解放されたって事か…みんな幸せでよかったよ(´;ω;`)

  • 旧劇の最後、アスカの首をシンジが絞めてアスカの気持ち悪いって言うセリフで終わるあのシーン。 そのアンサーに救われた。 シン・エヴァの好きだったっていうあの浜辺のシーンは泣きそうだった。

  • 何て言うかケンケンはアスカの父親的な存在のような……

  • 最後の、シンジたちが大人になったときのシーンで、シンジにDSSチョーカー付いていたのってどういうことなんだろうか? シンジの望んだエヴァの無い世界ってのが、エヴァを必要としなかった世界にすることで、そもそもリリスやらアダムスが来ることは無かった。 ってことにすることなら、DSSチョーカーだって必要ない世界ってことになると思う。 まぁ、それを目に見える形で見せるために、最後にチョーカーを外して、「もう終わったんだよ」的なシーンが必要だったと考えることも出来るけど・・・。 結局なにが言いたいかって、シンエヴァが最高だったってこと!こんなに愛されている作品と出会えたのは幸運だったとしか言えないわ。

  • マリ好きだわ

  • シンジとマリくっついたとは限らないよね。駅で確かDSSチョーカー付けてたしあれも精神世界説あるよね。俺はそう信じたい

  • ビーストモードに成る時に言った『人の身を捨ててこそ…なれ…』ってもう成長止まってた時点で人外枠…シンエヴァでアスカも神格化しましたしねぇ…(^o^;)アスカを姫と言ってたり…ベッタリする辺り同性愛者って思ってたけども…(^o^;)w まぁ~、正直言って、恋愛して子を授かるけども…早くして妻に先立たれて未練たっぷりで折角産まれた子供のシンジを愛せないグズ男の話だった感…(^o^;) 俺、40過ぎだけど…奥さん居ないし… 羨ましい過ぎる話だったって感想や…w(親戚で、早くに奥さん亡くしシンパパとして立派に娘を育てた方を知るだけにねぇ…(^o^;)www)

  • マリとくっついたのは割とありえるかなと思った。 大人になってから彼女が違うなんて普通だしね。 元カレ、元カノ至ってあるある

  • エヴァ=神=この次元世界の輪廻のループ。マリは外成る神=この世界の輪廻のループの理からはずれて前に進む‼️カヲルでさえ輪廻のループから脱け出せないのに、マリはマイナス次元のシンジを探しだして、尚且シンジが改変したエヴァが居ない世界に時間を合わせて移動してるから、かなり力が在ると思われる‼️って、勝手に空想しちまった。

  • やっぱマリは視聴者でもあり監督の妻として表されてると思う

  • 「あなたの周りの世界は…あなたが思うより、ちょっとだけ、優しいよ」ってやつ(検索せずにわかる人おるかな?)をようやく理解できた感じですねー 暗い時代に生まれたエヴァという作品が、時代が変わることで、やっと解放されたというか・・・ おつかれさまでした!

  • ユイが取り込まれたのが25〜26歳の間とかでシンジだけじゃなくゲンドウの世界もその時から進み始めたとかも有り得るのかな?

  • ほぼほぼ同意です。 画像の使用はマズイですよ

  • だから今上映している劇場版の最後はシンジとマリが生き残り成長した姿で終わったのか。 何でこの2人が?と思うよ。

  • 自分でも合ってるかどうか分からないんですが、 マリがシンジと出会ったときにS-DAT(?)が26から27になったのはおそらく旧エヴァの最終回は26話なので 新しく登場したマリと言う人物が来たことによって次への物語、旧エヴァのラストとは異なる展開になっていったのではないのかなと思います

  • まっったく関係ないけどシン・エヴァの冬月センセ…めっちゃカッコよかった…

  • マリの正体ってカヲルと同じように人の姿した使徒なんじゃないかと思うんですよ。 NERV上層部(ミサトやリツコ)でも知らない裏コードのことを知っていたり、年齢が変わっていなかったり、何よりエヴァの世界に対する理解が深すぎること、それに最後の駅のホームでDSSチョーカーを外したシーン。作中でDSSチョーカーを作動させずに外した人物ってカヲルとマリしかいないんですよ。あとは、冬月?の「リリスとの契約は計10体の使徒の殲滅」(うろ覚えです。)という発言から、第1始祖民族であるアダムとリリス以外の殲滅された使徒の数を数えると第3使徒から第10使徒までで8体、Mark.06の第12使徒で9体、13番目に堕とされたカヲルで10体。11番目が飛んでるんですよ。この11番目に入るのがマリなんじゃないかと考えてます。それと、シンジはエヴァのない世界は望んでいても使徒のいない世界は望んではいません。(ここは屁理屈ですが...)故に、第11の使徒であるマリは殲滅も消滅もせずに新しくシンジが創造した世界でも存在でき、かつカヲルと同じようにDSSチョーカーを外すことが出来たのではないかと思います。 かなり無理やりな考察なのですが、「そこ違うだろ」と思うようなことがありましたら、教えて頂きたいです。 以上長文失礼しました。

  • 単なる偶然かもしれないけどマリがシンジをワンコ君って呼ぶのは干支が関係してるんじゃないかとも思うんだよね 11番目の使徒はシンジで干支の11番目は戌、第1使徒のカヲルも鼠色みたいな髪色してるし あとエヴァのループと干支の円環も似てるし わかんないけど