シトch【エヴァンゲリオン解説】

シトch【エヴァンゲリオン解説】 シトch【エヴァンゲリオン解説】

  • 17
  • 8M
エヴァンゲリオンについて解説・考察を行います。
エヴァに没頭し追いかけ続けた中の人が、オリジナルかつ精度の高い情報をまとめて発信していきます。

【アニメ・新世紀エヴァンゲリオン】
原作\tGAINAX→庵野秀明
監督\t庵野秀明 摩砂雪、鶴巻和哉(副監督)
脚本\t庵野秀明 榎戸洋司 薩川昭夫 磯光雄 山口宏 樋口真嗣
キャラクターデザイン\t貞本義行
メカニックデザイン\t山下いくと、庵野秀明
音楽\t鷺巣詩郎
アニメーション制作\tタツノコプロ、GAINAX→タツノコプロ

【ヱヴァンゲリヲン新劇場版】
監督\t庵野秀明(総監督) 摩砂雪(第1作『序』〜第3作『Q』) 前田真宏(第3作『Q』〜第4作『シン』)中山勝一(第4作『シン』)鶴巻和哉
脚本\t庵野秀明
原作\t庵野秀明
製作\tカラー
出演者\t緒方恵美 林原めぐみ 宮村優子(第2作『破』から)三石琴乃 坂本真綾(第2作『破』から) 石田彰 山口由里子 他
音楽\t鷺巣詩郎
配給\tカラー
クロックワークス(第1作『序』、第2作『破』)
ティ・ジョイ(第3作『Q』)
東宝、東映(第4作『シン』)

【シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇】
監督\t庵野秀明(総監督) 鶴巻和哉 中山勝一 前田真宏
脚本\t庵野秀明
原作\t庵野秀明
製作総指揮\t庵野秀明
緒方智幸
音楽\t鷺巣詩郎
主題歌\t宇多田ヒカル「One Last Kiss」「Beautiful World (Da Capo Version)」
撮影\t福士享
編集\t辻田恵美
製作会社\tカラー
配給\t東宝 東映 カラー

【漫画・新世紀エヴァンゲリオン】
原作・原案など\tGAINAX →GAINAX・カラー→カラー
作画\t貞本義行
出版社\t角川書店 その他の出版社
掲載誌\t月刊少年エース → ヤングエース
レーベル\tカドカワコミックス・エース

引用:庵野秀明/株式会社カラー/「エヴァンゲリオン」シリーズ

動画内で使用している画像は上記作品からの引用になります。
また二次創作ガイドラインを厳守した上で、エヴァンゲリオンシリーズのファンとして動画を制作・発信しております。
www.khara.co.jp/guideline/

万が一問題がございます場合は迅速に対応いたします。下記までご連絡ください。
bit.ly/3m9yeB3

ビデオ

コメント数

  • 今作のチートアイテム ・ネブカドネザルの鍵 ・マイナス宇宙

  • 個人的にはあのアスカは視聴者の脳内に刻まれた最後の惣流、旧劇のラストのアスカだと思います マイナス宇宙を形作るのは我々視聴者や製作陣の頭の中の虚構 我々の中の最後の惣流は、プラグスーツに包まれた14歳、シンでは我々の虚構の世界から動けないまま身体だけが成長した彼女が補完されたのだと感じました もちろん式波も含めた「アスカ」が補完されたという意見には完全同意です

  • 見方によってはマリが庵野モヨコさんに見えて仕方ないんです、、、

  • テレビでやってたエヴァを見てたのは確か中1くらいだったが、恋愛三角関係的な話が好きになったのもエヴァからだった。 もっとも今の年齢で思い返せば、テレビのエヴァの展開を恋愛三角関係とは言わないとは思うが… でも劇場版「破」は間違いなく恋愛三角関係だったな。

  • 綾波の生きることの不器用感が良い

  • 凡人すぎて内容はわかるけど理解できてなかったからちょっとわかって嬉しいのでもう一回見てきます

  • マリ=安野モヨコ説が蔓延っているからなのか、つい先日の舞台挨拶に立った庵野秀明は「私の妻について語る前に妻の事を知って欲しい。妻の作品を読んだり、インタビュー記事を読んだ上で、妻の話をして欲しい。」とお願いしてました。そんなことを言うぐらいなのだからマリ=安野モヨコ説はハズレなのかと思った。それにマリだけは庵野が作ったキャラでもない。NHKのプロフェッショナルでも庵野がしきりに話していたのは、「自分の中に在るものを吐き出しても面白くない」というメッセージだった。エヴァンゲリオンを組み立てるためのアイディアを使い果たしてしまったからか、スタッフに別角度から作ってもらいたがっていた。その意図が鶴巻監督に上手く伝わっていなかった。

  • 昔、トップランナーというトーク番組で庵野監督が自分は「若いときに親を越えてしまった」っと言う感じの事を仰っており前からずっと気になっていました。 エヴァがシンジ=庵野監督ならご両親は⁉ 抽象的で申し訳ないですが、もしわかるかたいたら、ご意見をお願いします🙏

  • 結局、全部シンジの独りよがりやから気持ち悪いなんやろーなと。最後のセリフは庵野監督が納得いかず宮村優子さん自身にセリフを言わせた的なエピソードも聞いた事ありますり。旧エヴァは正直誰も救われてないよな。シンエヴァでは良い終わり方ではあるけどまだ、俺の中ではあの赤い海の浜辺で時間は止まったまんま動けてない。シンジとアスカに2人の世界のまま。草すぎわろた

  • 13号機にいたアスカがシキナミオリジナルっていうのが個人的にはハテナマークだわ。 何でオリジナルがそんなとこいたの?って。 生い立ちモノローグで沢山のアスカの写真が消えていく中で最後2つ残ってたから、13号機から現れたのはそのもう片方なんだろうけど、それがオリジナル?個人的にはQで冬月がシンジに見せたユイの写真に写ってたアスカっぽい女性の方がオリジナルっぽいんですけどねぇ。 本編にはあまり関係しないけど。 この辺、TV版のifがANIMAになったみたいに新劇スピンオフの小説出てほしいな。

  • シンエヴァ見てる時の俺 俺「お前も撃つの?」 サクラ「BAN!」 ピンク「」 俺「」

  • ゆっくり特有の「せんとうちから」すき

  • そうだとすると昔は好きだったてセリフは式波由来のものですかね。 そして呪縛から解き放たれたという理由で「昔は」というわけですかね。

  • 1:30 ツバメかな?

  • 彼女以上のヤンデレ•••アレ?おかしいな、脳裏にあのセリフが 『中には誰もいませんよ』 愛する男の頭を抱えて幸せそうにする女子高生の姿が浮かんだ

  • 浜辺のアスカは惣流アスカだと思う。

  • トラウマシーンの片鱗を載せたので、低評価

  • 結局第10の使徒が分からないままだな...

  • 2:39 序破Qの発音が好き

  • ヤンデレかな? ただ自分の目指す理想の結果にする為の行動力がカンストしてただけじゃない?って思っちゃう そこに合理性はあっても倫理観と道徳が無いだけで

  • シンジに事ある毎にキツく当たるアスカが嫌いだった だからTVシリーズ後半に行くにつれ次第に追い詰められていったアスカを見て正直「いい気味だ」と思った ただ廃屋の湯舟で呆ける「頬のこけた」アスカを見て流石に可哀想だと思ってしまった そこから先はもうアスカにしか目がいかなくなった

  • おれが思ったのはラストがジブリっぽいな〜も思った程度だわw

  • DSSチョーカーのシーンは、最初から押すつもりがなかったように見えた。 なんか、指が脱力した感じだった

  • アスカ好き。なんだけど、自分の中のアスカは式波要素が強くて、今回ので改めてテレビ版のアスカの心情見たら重くなった。加持に嫉妬^ ^

  • ……オリジナルのアスカってどこに居るんだ? ループと言っても旧劇の終盤の浜辺には、もはやエヴァも無ければ使徒もいない状態でどうループするというのか。 ループではなく、別世界の話じゃないんですかね。式波がクローンというのはオリジナルのアスカが死亡したから造り出されているのであって、つまりキョウコが自殺する時にアスカと思っていた人形ではなくアスカを心中に巻き込んだのではないかと。 であれば惣流のように愛情に貪欲にならず、キョウコという親を知っても事の成り行きからしてさっぱりとした性格の式波になるはず。 ……というか、式波って人間としておかしいよね。感情を持っただけの人形みたいだし。欲というものが一つもない。庵野監督特有の人間臭いキャラクターにしては異物でした。

  • 旧劇でシンジが言っていたように最後まで分かり合うことが出来なかった2人がシンエヴァでは「好きだ」という言葉でお互いの気持ちを伝えられて感動した

  • 強くて、弱いアスカが大好きです。 「傷つけられたプライドは、10倍にして返してやるのよ!」というセリフで何度救われたことか。 本当にありがとう。 惣流も式波も、よくがんばったね。

  • あの鼻歌が伏線になっていたとはねぇ…ただ彼女がシンジと年の差で20歳ぐらいの差があったはずなのに、シンジ達と同年代の肉体であったのは、アスカの使徒化と同じような理屈なのか?それとも、レイ達のような特殊なクローン体に魂の移行を可能とさせたり、若い肉体に脳髄を移植、といった方法がとられたのかはネタバレしていないので謎ですね。後、安直に見るならシンジはゲンドウに似たのか、それぞれの時代で交際相手をかわるがわる乗り換え、綾波レイ(貧乳)→アスカ(美乳)→マリ(巨乳)へとシフトチェンジしていったようにも見えます。

  • シンジはそれまで誰とも深い関係を築こうとしなかったけどこのシーンで初めてアスカと関係を深めようとしてるようにみえた。 その手段は首締めで攻撃的なものだったけど。 だからアスカも気持ち悪いと言いながらもシンジの頬撫でたんじゃないかな??

  • エヴァが無くなった世界線だから最後のあれは惣流だと思ったけどな エヴァが無いってことは式波タイプは作られない訳だし

  • シンジと世界を天秤にかけて迷いなくシンジを選んだケツのデカいいい女

  • 昨日観に行ってきました。 エヴァのある時代に生まれてよかったです。

  • 10:31Gもさんらんしてます

  • アスカが食いちぎられるシーンは ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?!( ゚д゚) てなったな………(・・;)

  • アスカの小さい頃が可愛すぎ❤

  • マリとアスカの髪の毛の下りからのレイが髪の毛が伸びてる点でレイはちゃんと人間であるということも描写されてるのもグッときました

  • 本当にいつか惣流アスカが報われる時が来るのを願う ここまで可哀想だと思った子はいない シンエヴァでぞんざいに扱われた綾波やカヲルもみんな、笑って幸せに暮らしていけるような 作品をいつか…

  • 最後はアスカという1人の人物とシンジがお互いの気持ちを分かり合うって感じだよね。あのシーンはめっちゃ良かったし、ラストになるにつれて感動が増した。

  • 「綾波は綾波だ」いい台詞だよなぁとは思ったけど、 シンジ君はそんな意味を込めてたんだなぁ。

  • ここまで「救われてほしい」って思うアニメキャラに出会うことも、そうそうない… だから、シンエヴァで救われて良かったです。

  • いやースッキリしました😅 浜辺でなんでエロいカッコにさせるの😲って思ってましたが、そういう意味だったのですね、ありがとうございました🙇

  • ポカ波も黒波も綾波は綾波だよ

  • ケンケンやるな

  • 映画みても意味わからないところ結構あったので考察助かります

  • エヴァンゲリオン破の破ってマリが登場することによって円環を破壊するからなのかな?

  • ゲンドウがマイナス宇宙にはいる時 初号機を大切に抱き抱えてて シンジ君かユイさんを大切に思ってるんだなって思った

  • マグマダイバーのシンジがアスカを助けるシーンでこの時からシンジの事を私を助けてくれた、私の事を見てくれると言う感情からシンジに対する好意が目覚めます。 嘘と沈黙でのキス、キスからのうがい、「うぇ〜、やっぱり暇つぶしにするモンじゃ無いわ〜」はキスは自分をもっと見て欲しい、求めて欲しいからの現れ、うがい、セリフはその照れ隠しからだと思われます。 その後のミサトを介抱して来た加持からミサトの香水の匂いがして怒りを露わにするシーンは加持は自分を最初に見てくれた、大人になりたいアスカの理想の異性(憧れ)であり、ソレを大人のミサトに取られたから来ていると思われます。 話は前後しますが、せめて人間らしく(ビデオフォーマット版)にて精神汚染中に同シーンが流れ、加持「アスカはまだ子供だからな」と言って振り向いた時に傍らにシンジがいるのに対しアスカは「何であんたがそこにいるのよ !何もしない 、私を助けてくれない 、抱きしめてもくれないくせに!!」と心の中を吐露します。 表面上では加持が好きですが本当はシンジに好意を持っていたことがここで明かされます。 何もしてくれない→私の事を知ろうともしない 助けてもくれない→生命の選択を、男の戰い、せめて人間らしくで助けに来てくれない 抱きしめてもくれないくせに→自分を求めてくれない、好きになってくれない、からの現れだからだと思われます。 旧劇場版まごころを、君にでは精神世界中で「アンタが私の物にならないのなら、私、何も要らない。」からでもシンジに対する気持ちはあるのですが増愛的な感情に読み取れます。

  • ちょっと痛いかもしれへんけど言いながら、あんなに動揺して銃口をプルプル震わせながらトリガーを引いて、シンジの急所には当てない自信と腕前がサクラにあったんだろうか。

  • サヨナラを言えない別れほど辛いものはない、ゲンドウはユイにちゃんとお別れをしたかったんだね

  • 庵野監督の実写映画の紹介に「流星課長」も入れてほしかった。

  • jpfilm.info/most/bideo/o5aLvtOWyKCXh44 これ有名だけど、ここで宮村さんが言ってた庵野監督の質問すげーよな。

  • アニメと新エヴァ関係ないんじゃなかったっけ

  • 庵野天才だな

  • うまく言えないけどマリは巨乳だからナウシカの役割でもあると思う

  • ポカ波ファンだったので Qでの黒波を受け入れきれなかった。Qのラストで テクテクついて行く黒波を なんとなくカワイイと思い シンエヴァで大好きになりました。 ハッキリ言ってポカ波より ずっと好きです。 それがあんな死に方はヒド過ぎます。立ち直れません。誰か僕をサルベージしてくれーーーー

  • 庵野監督にはまだ一つやらなければならない事がある。 シン仮面ライダーとかやってる場合じゃない。 それは宮崎駿監督がなまじっかアカデミーなんかとってしまって、真のナウシカ(戦争突入編)を出来ないでいるから庵野監督がそれをやって、宮崎さん、死ぬ前にシン・ナウシカを見せてやるよって事。 そして、願わくば、自分もいつか誰かに庵野を超えてかつ庵野の中心を抉るシン・エヴァンゲリオンを突きつけて欲しいと思っていた。 けどそんな素振り全然ないし、そうは言っても世間を騒がせてしまったケツ拭きはしないとならない。そのお膳立てを自分自身でしてしまった感。 言ってみれば自分の葬式の段取りを自分でしてしまう様な感覚。 それがシン・エヴァンゲリオンと考えます。 富野監督も安彦さんにシン・ガンダムして貰ったし、俺には誰も命削って(資金調達とか世間体とか企画立ち上げとか色んな意味で)くれる奴いねーのかよって腐ってるはず。 個人的には深海誠監督がシン・エヴァンゲリオンやってくれると思いますよ。 庵野監督、もう充分レジェンドなんで安心して遊んで大丈夫ですよ。

  • ヒカリの娘がヒカリになってる

  • ビジュアルでも際立つんだよな。例えばシンジ、レイ、トウジだけがエヴァパイロットだけだと地味なんだけど、 アスカがいることで明るさと華が生まれる。そしてエヴァの主要人物は何らかの闇を抱えているけど、アスカは シンジと対比で母親にコンプレックスを感じ、シンジと違って自己顕示欲が強い。そして実は人間関係が上手く 行かない自分が嫌いだと自分を責めてしまう。昔優柔不断なシンジを風、全てを受け入れるレイは水、他人と 自分を燃やしてしまうアスカを火だと例えた人がサークルにいたけど、あながち間違っていないと思った。

    • @うなぎ エヴァマニアのその人は「シンジは気分屋で、そよ風の時は大人しいが怒り狂うと暴風雨になるので風。旧劇でも アスカを助けられなかった時に風が起きていたのでそのイメージ。レイは髪の色もそうだけど水のように他の要素が混じると 変化し、無表情で冷静なのも水のイメージ。そしてアスカは火のように攻撃的で、命令無視もいとわないが一度自信を失うと鎮火し、 精神汚染後はほとんど燃えカス状態。だけど旧劇では覚醒し、そのテンションの高さから火のイメージだと選んだ。」と言っていた。

    • まって、その例え革命的すぎるぞ

  • 自分にとって惣流アスカも式波アスカも 心にモヤっとしたまま終劇したのは事実… 報われないし救われないけどそれがまたリアルさがあって良いのかも知れない。 正直LASで終わって欲しかったのはあるけど 浜辺シーンは「おぉ…!」と一瞬なったから そこからの更なる展開を期待してしまった笑 でもエヴァにはいろんなループや世界線があるからどこかでLASエンドもあると信じてます笑

  • “黒波(No6)は無調整故個体を保てなかった”って冬月が言ってたから本来であれば第3の少年に好意を抱くように作られているけど無調整と言うことは自分の意思でシンジに好意を持ったのかな?

  • ポカ波のお料理練習がめっちゃポカポカすぎてテンション上がる分そのあと3号機の話で落とされるのかもう…

  • プラグスーツめっちゃ膨らんでフィットして着用としてたから、最後の半裸状態の説明としては弱いかな

  • 13号機にはカヲルの魂が残ってるんじゃなかったっけ? ゲンドウとカヲルでダブルエントリー

  • 純度100%の式波だと思う、アスカを送った後にカヲルとのシーンに入るけど、シンジはそのままの姿勢(体育座り)で地続きで話ししてるから、あのシーンはシンジの記憶世界だとわかる、そもそも、全ての魂が混ざるのであれば、脱落した式波シリーズ全てが混ざるし、さらにループ世界の惣流や式波までとなると、シンジは何度(補完計画の概要がループ回数なら27回)ループしてるから、惣流でも式波でもアスカの結末は全て違うはずだし、過去の記憶、生い立ちも違う。その状態でまとめてケンスケの家に送られるのは無理があるかな。 28歳の見た目なのは、式波アスカの記憶世界でエヴァが無い世界での居場所を教えて、エントリープラグ内で実体化したのを確認したからだと思う、その後、シンジの記憶世界でお別れを言って、エントリープラグ内でジャンパーを着た実体式波アスカ覚醒だと思う。 旧劇は世界が終わらなかった話しだから、ループ世界の惣流での出口が旧劇、式波での出口が新劇だと思う。 他の人も書いてるけど、これまでのループでのシンジの記憶で印象が強いのが惣流で、自分は消滅するから、式波を通して全てのアスカにお別れを言ってつもりだと思う。 綾波がつばめ人形を抱きながらも、黒レイの記憶がないのも、シンジがお別れを言いたいのは、白、黒両方だから、ああ見えたんだと思う。

  • 年上のいい女(笑)

  • 惣流 好きになりなさい シンジ 好きになってよ これじゃあ、反発し合うよな

  • 碇 サ ク ラ で す

  • シンの時の第13号機に搭乗していたのって ①2号機が止めに来るが自身のATフィールドで阻まれる ②アスカがそれに気付いて左目の第9の使徒の封印を解除+コード999を使用して人間卒業してATフィールドをなくす ③↑ゲントウはそこまでを計算に入れた上で人間卒業した状態のアスカを第13号機の2人目のパイロットとして取り込む だと勝手に思っています それでアディショナルインパクトでリリスを素体にしている初号機とアダムを素体にしている(加えて搭乗しているゲンドウもアスカも使徒)をミックスしてゲンドウは悲願のユイと再会 最後にロンギヌスとカシウスの槍でガブの扉を開いて人類を補完みたいな(異論は認めます)

  • どっかの考察動画のコメントで 難しく考え過ぎとかが有って 確かにと思った! 私も惣流でも式波両方だと思いました! 主の考察に賛同です!

  • リピートじゃなくてあの点々は前作もあったから終止符っていう人もいるよね

  • これほどまでに「深イイ」ボタン欲しいと思ったことは無い いやまじもう映画泣いた こんな考察見たらまた見に行きたくなってしまうでは無いか!!w

  • スイカ は 北上ミドリの「誰のオシッコかも判らない再生水」にも かかってないかな?自然と営みの中で育った作物からの水分補給 スイカは水分とカリウムが豊富で利尿作用に… 人工的、機械的再生されたオシッコじゃ無く 自然や作物を介してのオシッコの再生 それが加持の理想とか?

  • 10:14 カントク_| ̄|○「落ち込むわ~。あの言葉、ラストにするか。」    ファン(゚Д゚; ≡ ;゚Д゚)「気持ち悪い???どういうこと?考察するっべ。」    コウシキ(;・ω・)「やっべ。こんなん誰も分からんわ。事情を発表しないと。」    ファンヾ(♯゚Д゚)ノ「誰が気づくねん!」w

  • アスカの描写で特に重要なセリフはシンジに対して「アンタが全部、私のものにならないなら、私何も要らない」と、ミサト宅のリビングでシンジに狂おしく詰め寄るシーンを抜きに惣流は語れない。 浜辺で首を締められながらも、そっと優しくシンジの頬を撫でる手がまさにアスカのシンジへの想いの現れ。 その後、アスカの頬に涙を落し、泣き出してしまうシンジにその涙は結局、自分自身を慰める為であり、またしても自分しか見ていない事を詰る意味を込めて「気持ち悪い」と言ったんだと思う。 アスカはこれ以上無いくらいシンジが好きだったのが分かるからこそ、シン・エヴァでのアスカの扱いが納得出来ない。 成長したシンジを連れて行くのはマリでなく、同じく成長したアスカであって欲しかった。

  • 結論 分かるようで分からん

  • ポケモンの50%ジガルデじゃん

  • じゃあサキエルとガギエルは仲良しなのね

  • 庵野監督、もう一度エヴァンゲリオンをループさせて下さい!

  • エヴァという存在が無くなることによってエヴァが存在した全ての世界線が1つに収束した。だから惣流も式波も最後1人に収束したんだと思う。

  • 片方が馬鹿でかく宇宙から落ちてきながら精神汚染をして、片方が可愛い顔と触手を持ち 射程圏内に入る奴を攻撃して、最強の防御力と 圧倒的進化を行い、影になって攻撃してくる敵の下に行って虚数空間を持っていて海とマグマの中を泳げて、なんか青いネバネバが付いていて、負けそうになったら溶液の涙を流す使徒がいたら勝てへんやろなぁ。