小比類巻貴之 / KOHI CHANNEL

小比類巻貴之 / KOHI CHANNEL 小比類巻貴之 / KOHI CHANNEL

  • 63
  • 2
元K-1ファイター小比類巻貴之オフィシャルJPfilmちゃんねる。
元ISKAオリエンタル世界スーパーウェルター級チャンピオン。
K-1 WORLD MAX 2004,2005,2009 日本チャンピオン。


WEB. kohiruimaki.com
Facebook. facebook.com/teamtopdiamond
Twitter. twitter.com/kohikick11

ビデオ

コメント数

  • 石井先生の動きはキックルールでも上手ですね。3:22頃のハイキックを足さばきで軸をずらして空振りさせる動きは唸らされました。あと鏡に映った動きも追っていくと、あ。ここではこう見えてるんだって驚きがあります。

  • ここまでルールやグローブ有無の違いがわかりやすいのなかなか無いね 明らかに2round目は小比類巻さんがビビってる でも1round目はだいぶ余裕そう 防具着た鈍器での殴り合いと、裸でナイフ刺し合いで動きや戦略が違うようなもの とてもいいものが見れました! 小比類巻さん、石井さん、ありがとうございました!

  • やべさん...好きな俳優だけど、今回の立ち位置はプロ2人に素人目線で聞いていくみたいな方がよかったのでは?! なんか 3人が同じ格闘家目線で話してる感じと宇野&コヒにリスペクトして感想聞いてない感じが残念

  • 小学生の時にテレビで小比類巻さんのこと知って、それからファンです。当時みたいに格闘技盛り上がって欲しいですね

  • 神回の動画です😌

  • 寸止めになった瞬間ニコニコなの草

  • バンテージの件はいくら時間を守っていないとしても、本人の目の前で巻かなければ確かめるのは当たり前では。

  • 井岡選手は、Sフライに上げてから戦い方をインファイトに変えて来ていて、例えばWBCシルバーチャンピオンとやったSフライ初戦なんかは、初めからバンバンインファイトしてダウンを奪って判定勝ちしている。ディフェンス、コンビネーションブロー、距離感、カウンターどれも超一流ですが、インファイトもできるようになったことで、トータル的に安定していると思います。なので、Sフライ初戦のように初めからバンバンインファイトしても井岡の方が勝るように思います。3階級王者対決、タイトル奪取の時、初防衛戦のサウスポー、全てインファイトして勝っています。ディフェンスももちろん上手いが、私的には、もう、そういうイメージとは違うと思います。もっとトータル的にずば抜けた凄い選手だという認識です。

  • K-1ミドル級創成期を支えたスター選手の1人です! 今でも魔娑斗と関わりはありますか?

  • 木村悠さんデビュー戦見たときに絶対世界チャンピオンなるなと思ってました

  • なるほど。テリー、オーリンのノリス兄弟ですネ…残念なことにdefense master, パーネル·ウィティカは事故で亡くなってしまいましたが。

  • 石井先生素晴らしい。こういう本当の意味で実力のある方というのは、自然と周囲から認められその名を知られるようになっていくのだと思う。

  • グローブありだとグローブが重そうでスピードが落ちてるのとガードが使えることで体格差があると打撃聞かないなぁという感じか。素手だとガードの隙間から打てるしキックの構えだと金的があるから動きがかなり違うなぁ。

  • ジークンドーがいかにストリートファイトを想定して考案された武術かが分かりますね。人体に損害を与えるのに特化していますね。そりゃサポーターを付ける競技では真価を発揮出来ない訳だ。ブルースリーは別だが…

  • こんなのスパじゃないやん… コヒさんの動きだけみていると、受けのスタイルがベースじゃないですか…残念です

  • 素手こええええ

  • 小比類巻さんみたいな体大きくて柔らかい表情の人好き

  • 蹴り強烈すぎる。体重差関係なしなら、現役選手でも勝てなさそう。

  • 小比類巻懐かしい( ´ ▽ ` )ノ 小比類巻さんとのスパー見て 那須川 天心は東吾先生の動きに対して どんな反応するのか 見てみたい~ とおもた。( ´ ▽ ` )ノ

  • 強い! 強い!! 強い!!!

  • 矢地選手のチャンネルに出てからというもの引っ張りだこ 技術と人柄に魅力を感じる人が多いということですね

  • こんなにも超一流の選手達が技術を認めてるのに、未だにジークンドーや東吾先生を疑ってる人が理解出来ない

    • @ろしつきーとましゅはい、実に 残念な事に実力も名声もない口先だけの口弁慶が多いのも事実ですね。

    • @新・JAPAN宮本サムライ 競技者だとしたらほんとに恥ずかしいですね。

    • 自分には人一人からもスポットを当てられない為に発症するメカニズムの僻みや嫉妬らしいですよ。

  • 東吾先生凄いけど、やっぱりプロの格闘家の鍛えられた肉体の圧力には敵わない感じだな。 技を圧倒する耐久力とパワーを持つのがプロなんだってのがよく分かる。 しかし東吾先生滅茶苦茶速いな……肉体的に勝る小比類巻さんに圧力かけられるとか並大抵のスピードじゃ出来ない。 グローブと防具外した後の東吾先生の解き放たれたような動きよw

  • スポーツと武道の違いか。 恐いほど強いね先生は。

  • Nice guys, good to see professional fighter's with an open mind and the willingness to embrace other ideas, it's how any system evolves

  • ジークンドーがグローブ無しで急所攻撃が基本だから、2Rの動きが本来の動きだろうね。 まじで危ない

  • こっひ〜^_^スカパーの解説もしてくれ〜^_^いつかは魔裟斗とコラボして欲しいね😁

  • アズマーネルソン、すごかった

  • 扇久保選手も斎藤選手も、MMAの技術をフルに活かしきったことが勝利につながったように思います。 立ち技も熱い試合が多かったですね。

  • ジークンドー経験者です。 貴重な東吾先生のスパーリング、ありがとうございました。 また、上からのカメラは斬新ですね。

  • アマチュアBクラス、2戦1敗1分けくらいの実力はあるね

  • みんなスタスタ歩くところ怖いって書いてるけど、小比類巻さんがその気ならあんな歩き方してたらバチボコにもらってるよ。

  • うちの母や親戚のお姉さんは昔のK-1をリアルタイムで見てたので魔裟斗選手の大ファンです。 その魔裟斗選手最大のライバルが小比類巻選手だと言ってました。 この2人が当時のK-1を盛り上げてたんだなって思うと今のK-1ももっと頑張って欲しいですね💪

  • 未来君好きですが… 小比類巻さん「未来君 強い選手選らんじゃったね…ひっくり返るかも…」と 仰ってたんですね、、 その通りになってしまいましたね!

    • 小比類が言ったんじゃないよ。

  • あんまり武術とか信じない派だけどこの人まじもんに強いわ。

  • マスクして静かにしないとw

  • 異論ないところで言うと、未来選手はいつものカウンター狙いだけで自分から倒しに行く積極的な攻撃が見られないところと場外回避、ロープ掴みの消極的反則が判定では大きく影響したのでしょう。それには運営は当然厳しくします。自分の動画で判定までいってるようじゃだめだ。なんて言ってましたが、いつもこんな消極的試合してよく言えると思います。

  • 斎藤裕が勝った時、小比類巻さんが武田幸三さんも倒して日本王者になった時の感激が再び起こりました。 マイクパフォーマンスで斎藤裕さんが「今日は俺の日でした。」と言った時 小比類巻さんのマイクパフォーマンスで「これで本当の復活ができました。今日は俺の日でした。ありがとうございました。」あの瞬間が蘇ってきました、わ

    • クリンチからのヒザ最高!

    • @矢部てつろう セルカンイルマッツを倒して王者になった試合。 あの時、選手達の予想で小比類巻さんが決勝に上がってくると思ってたのがセルカンイルマッツだった。理由は小比類巻さんがバランスが取れた選手だからだと、セルカンイルマッツもハートが強い選手でしたね。日本の侍に憧れて鎧のコスチュームを着て入場してました。小比類巻さん1試合でHAYATO選手を倒して上がって武田幸三さんと闘ったんですけど、HAYATOはキックボクシングでもインファイトのストライカーで強い選手だったんですよねー、よく小比類巻さんあの難関トーナメントを見事優勝しましたよ✨入場曲もオフスプのザ・キッズ・アーント・オールライトに変えてほんと入場シーンが内なる炎を燃やしてましたねー。あの日はTVで見てましたが鮮明に覚えてます。武田幸三さんをkoしてガッツポーズしてカメラにジャブかまして画面が揺らいだ事も、あのドラマは小比類巻さんをずっと見てきた人なら感動する1日でしたよ!

    • ブアカーオにボコられた試合?

  • 東吾先生の物腰の柔らかいお人柄なら無駄に敵を作ることもなく。万が一危機に陥っても自分と大切な人を護れる術がある。個人的には理想的な武術家の姿の一つだとの思います。

  • 石井先生のボディストレートさすが

  • 小比類巻さんも、東吾先生もお互いにリスペクトがあって、とても気持ちのいい動画でした 🙂

  • ルール上の格闘技と武術の違いを改めて知らされました!良動画をありがとうございます!

  • さすが小比類巻さん!ひざのタイミングが完璧すぎる(笑)スパーじゃなくて試合であんなんくらったら一撃ですね💦

  • 小比類巻さんて聞き上手だなと思った

  • 今のキックも面白いけど やっぱk-1maxの時の70キロが一番燃えましたわ~>< そのうち魔裟斗コヒ佐藤みたいな日本人でいい選手でてくるといいなあ~

  • 近代ボクシングとフェンシングを取り入れる事で中国武術の弱点であるステップスピードと打撃の単調さをカバーしてるんだな。

  • 「目つきは入らない」って方いますが、初期の総合格闘技って、故意も含め「目突き事故」が多発していた時代があって。その理由がオープンブローや掌底。手指を開いた柔らかい状態で顔を殴ると、五指のうちのどれかが高い確率で目に入って流血したり、一時的になにも見えなくなって試合にならないことが頻発した。あまりに目つき事故が多いので、掌底はどのMMA団体でも禁止になりました。パンクラス、UFC、修斗、みんな掌底の危険性に気づいて禁止にしました。ちなみにボクシングではオープンブローはサミング(目潰し)扱いになり、レフェリーから注意されます。 ・・・要するに、「目つきは頻繁に起こる(または起こせる)」、とても危険で有効なものものなんです。なら、石井東吾さんたちのような「普段から目つきを練習されている」武術家ならどうでしょう。彼らの目つきが実戦でどれだけ脅威かは、どなたでもすぐに分かります。

    • @koukaku25011 同意します。自分はあんな攻撃は貰わない!という自信満々な人ほど危ないんですよね。

    • 高橋浩紀 そりゃどうでしょう。互いが気をつけて防止できるレベルなら、ルールで禁止にはなりませんから。90年代のMMA創成期は、当時から掌底は目つきになりやすいから、コミッションも選手同士も、目つき事故にはかなり警戒していました。それでもやたら起こる。「互いがどんなに気をつけても」起こる。それほど目つきは入りやすいので、修斗なんか一時はフェイスガードまでさせてました。格闘技の歴史が証明している事実ですね。 ちなみに、ジャブを全て避けられる人間はボクシングのレジェンドチャンピオンクラスでもいません。ましてやグローブ無しの小さい拳でのディフェンスだと、上手くブロッキングもパーリングも出来ませんから、ガードをすり抜けます。被弾の確率はさらに上がるでしょう。それはコヒさんのこの動画でも明らかです。 …そんな時に被弾したジャブが、もし五指を広げた掌底や抜き手や熊手なら、高い確率で目に接触するのは、簡単に想定できますし、それらの事実は創成期のMMAが証明しています。

    • @高橋浩紀 武道の高段者である警察官でも路上でナイフを振り回す素人に殺されたりしますよ。そういう自信がある人ほど危ないです。

    • 総合格闘技で目つきが入るのは、目つきが無い想定で戦ってるから。 金的も同じ。 それがある想定の路上の喧嘩で目つきと金的が入るかっていうのは別の話。

  • コヒvsメイウエイザー見たいです!

    • 世間には全くウケないよ

  • 北方vs竿本もそうだし朝倉vs斎藤もそうだったけど、拮抗した試合でのテイクダウンの有効性ってものを考えさせられる大会になったな… 総合格闘技をあまり知らない一般視聴者なんかは「なんで明らかにダメージ大きい斎藤の方が判定で勝ったの?」って疑問に思っただろうし、この辺のルールの周知が今後のRIZINの課題なのかも

    • なんで斎藤の勝ちなの?と思ってるにはプロ格闘家や玄人が殆どで、斎藤が勝ってたと言ってるの朝倉が好きじゃない素人ばかりだけどな。

    • RIZINも他の総合の団体と同じ基準でジャッジした方がいいよな

  • 無駄だと思うけど、バラさんの思考回路を注意してあげてください。 ダイレクト大晦日とか言ってる時点でズレてる色んな意味で。 このままだとRIZINを潰すのはバラさん自身になりますね。

    • @坂口茂雄 それは思いましたね! 判定結果に。 ケイワン判定なら間違いなく未来でしたからね!

    • 確かにそうですね。朴選手と組んだのもバラさんだし。でもそれはバラさんだけで周りのスタッフがそれを許さないと思う。それが今回の相手(斉藤裕)であり、試合中の警告であり、公正なジャッジなんだと思う。むしろスタッフはライジンへのリスペクトなく自分のおかげだと勘違いしている未来選手に否定的なんではないでしょうか?

  • ほら小比類選手でもどっちが転ぶか分からん感じやったやん。4ラウンド以上やるべきやった。3ー0で圧倒的って訳ではなくて僅差の3ー0

    • ズレてる。4ラウンドや5ラウンドなら斎藤もその程で試合組み立ててくるやろ。1番ナンセンスなタラレバやと思う。

    • 4ラウンド? なんでもありか?

    • 斎藤選手の試合後の言葉『いかなかった後悔は取り戻せない』本物のファイターの言葉ですね。 朝倉選手は好きですが後悔して練習して欲しいですね。 後からたらればはダサイです。

    • 3ラウンドってルールの上でやってるからw 野球で急に点差少ないからもう一回とか、ラグビーで1分追加とかないだろ? 決まったラウンドで出し切ってなんぼなの。

  • キックルールから離れた途端に小比類巻さんがキックの構えをしていられなくなったのがとても印象的でした。

  • 小比類氏感覚鈍りまくってるような… あれだけロー気にする人が、マスだけどまさか膝の内側蹴られるなんて… やっぱステップが独特すぎて、フェイント混ぜると格闘家はパニックなる。

  • 石井先生も凄いが、小比類巻さんの対応に好感を持ちました。

  • スパーリング中の音楽、僕は凄く好きですよ☺️

  • 「おねがいしやああす!」がなんか腹立つんだよなあ

  • 小比さん、東北出身の扇久保(岩手)と斎藤(秋田)勝ちましたね👍

  • 試合なら石井さんは絶対負けると思う。 殺し合いなら石井さんは負けなさそう。 足と手を使ってこのスピードで目を抉られたら防ぎようがない

  • 大晦日の地上波は小比類巻さんの解説が見たいなあ

  • 面白かったです! 東吾先生、体格に見合ってない遠いところでやり取りしてますね。 同じ体格の人だと距離感ビビると思う。

  • スパーは向かないんじゃない?なるだけ短い時間で相手を倒してって武術でしょ。

  • うるさい客がいるな

  • この動画でハッキリ分かった 石井さんは実戦ではプロ格闘家と戦うほどの力はないけど 護身術としてのジークンドーは本物だ 過大評価はしたくないけど過小評価してた

  • どっちが強いって動画じゃないよねー このスパーの方式は面白い! 武道と格闘技は種類が違うからねー

  • 再生回数ケタ違いですね! 石井先生数字持ってるんですねぇ笑

  • さすがすぎる…

  • R1 ,小比類巻さんの初撃の右ミドルに、東吾先生が左肘で迎撃し笑っている。 本来なら膝頭ターゲットなのだが、脛の上部あたりにずらしたね。 これ、たくちゃんねるで言ってた技だよね。

  • 時代の境目に現れるタイプの人だよね〜 時流を掴んでる。 旧きものと新しきものの橋渡し、創造そしてリユニバース!

  • 尊重し合ってていいですね。

  • 兎に角ずっと声が遠い

  • 予備動作を抜くってすごい難しい。

  • 歩いてる姿がマジでブルース・リー

  • 石井先生大人気やなあ

  • 東吾先生、ボクシングの構えだと動きにくそうですね。ジークンドーの構えになったら動作が速すぎる。

  • てかこの体格差ヤバw

  • てか東吾先生JPfilm始めればいいのに!

  • やっぱり捕まるリスクがない限りスピードは命か

  • 石井先生のスパー。 見たいけどあり得ないやろな、と思ってました。 小比類巻さん、ありがとうございます! 2Rの石井先生のフットワーク、攻撃スピードは驚異的! 小比類巻さんの「うぉー!」と言う声が全てを物語ってます。 良い動画を公開して頂き感謝!

  • 接待スパ

  • 中心をどうのこうのは、剣道でも通じる話ですね。