ぐっちの競馬ライフ

ぐっちの競馬ライフ ぐっちの競馬ライフ

  • 30
  • 8M
ぐっちの競馬ライフは「ゆるく、楽しく、ためになる動画」が、コンセプトのチャンネルです。

ランキングの動画を中心に、毎日18時に投稿しています。

あらゆる競馬ファンに唸ってもらえるような動画を作ることが目標です。

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!!!
------
【ぐっちのプロフィール】
競馬歴:11年
→2009年の阪神JF(アパパネ)が初めて見たレースです

年齢:26歳

好きな馬:テイエムオペラオー・スマートファルコン・ゴールドアクター・ゴールドシップ・アーモンドアイ

※ご相談やご依頼がございましたらメールアドレスからご連絡くださいませ!
[email protected]

ビデオ

コメント数

  • エイシンフラッシュかな 天皇賞(秋)はデムーロ騎手の最敬礼が強烈すぎたおかげで ダービーはよく覚えていない・・・

  • 武豊何人必要w

  • スプリントのバクシンオー、マイルのノースフライト短距離路線は何気にワールドクラスのレベルだったと思う。

  • 母のブチコ派手に柵をブチ壊し😄😄😄😄😄😄😄。ソダシのゲートスタートも抜群🎵。

  • ジェンティルの2013年は少し地味だった 秋天でジャスタウェイにちぎられたし ただこの前後の年はマジで強かった

  • おる平VSゴルシ  お笑い王の座は俺や!

  • 新人1年目で運を使い果たした、それか嫁がサゲマン。 結婚早かったかもね、これからいう時に結婚を優先させてしまった。 結婚してダメになった事例としては巨人の高橋由伸、逆に結婚して運気良くなったのが福永祐一。

  • インターグロリアだな. . 故)福永洋一の桜花賞制覇、、その後も活躍した。 アチーブスターも、杉本アナウンサーの迫力あるゴール前の実況で印象深かった

  • 牝馬限定レースなんで評価はどうしてもされにくいですが ヴィクトリアマイルで2回凄まじいレースを見ました。 1回目はウォッカ 相手は確かに強くなかったですが逃げて大楽勝。 「あたしは牝馬になんか負けられないの。牡馬をなぎ倒して歴史を作るの!」って吐き捨ててるように見えました(前年は負けましたが) 2回目は去年のアーモンドアイ 好位からまるで調教のような楽な手応えで楽勝 牡馬を蹴散らしてきたこの馬からも 「ごめんね。ここでは負けられないの!あなたたちの分も牝馬を代表して牡馬を倒してくるから」と語り掛けてるように見えました そのあとに怪物グランアレグリアに負けた時は本当に衝撃でしたが(笑)

  • 世紀末覇王と衝撃の英雄に挟まれたせいで影が薄いゼンノロブロイくん…

  • 私はキタサンブラックのファンだったから、どのレースも思い出深いけど、そうではない人たちには… レコード勝ちの天皇賞・春、不良馬場&出遅れからの勝利の天皇賞・秋、引退レースの有馬記念…とかのほうが強く印象に残っていて、菊花賞は…どんなレースだったっけ?なんでしょうね。

  • 逆に語り継がれるレースが多いのはウオッカとかスペシャルウィークとかかな?

  • 2002年の日本ダービー(勝ち馬:タニノギムレット) 秋のシンボリクリスエスの台頭、タニノギムレット自身が怪我で引退したからなどの理由ですごく影の薄いダービーになっている印象 メンツ的にももう少し話題になっていてもいい気がする

  • サンデーサイレンス産駒の中でフジキセキが一番好き!

  • トーホウジャッカルが現状、スペシャルウィークのサイア―ライン繋いでんのよな。まあ、スペシャルウィークは牝馬を通じて血は残してんだけど……

  • ジャスタウェイの安田記念 いやまあ秋天とドバイのインパクトが強すぎたってだけではあるけど

  • 後々語り継がれないのは、レースが地味だったり、印象が薄かったりするからでしょう。 朝日杯、マイルCS、安田記念、ヴィクトリアマイルあたりはGⅠでも地味な部類ですからね。よほどウオッカの7馬身圧勝とかのレベルにならないと後の印象は薄くなるでしょう。アーモンドアイのヴィクトリアマイルでも無観客競馬ということもあって、アーモンドアイの勝ったGⅠでは印象が薄い方ですし。 あと個人的に全体的に2002年、2014年のGⅠがクラシック含めて全体的に他の年に比べて印象が薄いような気がします。それなりの名馬も勝っているんですがね。なんでだろ。テイエムオペラオー、オルフェーヴルといった絶対的名馬の引退の翌年というのもあるかな?ディープインパクトの引退の翌年にはすぐにダイワスカーレット、ウオッカという新たなスターが出たから、地味さは感じないのですが、これらの年にはそれがなかったから。 あとは昨年のGⅠの殆ど(JCと阪神JF除く)。無敗の三冠馬2頭出た割に、ディープインパクトやオルフェーヴル、アーモンドアイのような派手さを感じない。これは無観客で行われたからということもあるでしょうが、今年のレースを見ていて、2頭の無敗の三冠馬に先輩三冠馬のようなインパクトを感じないからでしょうか?デアリングタクトの場合は翌年にソダシが出たのは気の毒でしたね。

  • フジキセキの弥生賞は痺れた。ホッカイルソーに並ばれると思ってからの走り。 フジキセキって、あの時だけ、本気に走ったような気がする。 オルフェーヴルくらいにある意味、クセがあったんだと思う。だから、角田もムチを入れなかったんだと思う

  • オルフェとゾエを見てダノンミノルがクソワロしてるのが微笑ましい。

  • 皐月賞の段階ではオルフェがあんな怪物だとは誰も思いませんでしたしね(^^; ちょっと本編とは関係ないですがリアルスティールはコントレイル世代なら3冠とってたかも!福永騎手に聞いてみたい質問です

  • ウオッカと同世代の牡馬たちはどれも見てて可哀想に思えた

  • スティルインラブの全部

  • 関東の快速娘エルプスの根性が忘れられない。

  • ゼンノロブロイは天皇賞→ジャパンC→有馬記念勝ってるのに地味 史上初だったと思うのですが・・・ 3レース共馬券は外してるんだよね(笑)

  • 名馬という時点で複数勝ってるんだから、語り継がれないっていうのは変な話。 ファンなら1戦1戦が思い出。トップガン、ブライアンや、ダスカ、ウオッカみたいなのをやらないといけないのかな?

  • ドリームジャーニー、オルフェーヴル、オジュウチョウサン、インディチャンプ、フェノーメノ、レインボーライン、ゴールドシップ。有名どころで思いつくのこの子達か

  • 個人的なイメージとしてはグラスワンダーの最初の有馬記念(翌年スペシャルウィークと戦ったのが印象的)他にグランアレグリアの桜花賞(去年からすごかったから)リスグラシューのエリ女(コレも翌年強かった系)

  • 理想道理のステマ配合に成功してもバーサーカーがオマケでつくって見たことある

  • 東京ではグラスよりエルコンのほうが強いと思う。

  • 個人的にはクロフネのNHKマイルかなぁ クロフネだとジャパンカップダートと武蔵野ステークスの圧勝劇をイメージする人は多いと思う

  • タイキシャトルのスプリンターズS 圧倒的人気で負けた引退レースのが有名に。 ダイワスカーレットのエリザベス女王杯 ほかのメンバーが地味すぎてタダ貰い感があった。

  • 地方G1はカウントしないんですね? 全日本2歳優駿でディアドムスで勝ってますが・・・ 9頭か10頭の落馬事故と昨年のホープフルSのイメージが強すぎて他に出てこないです。

  • タマモクロスもオグリの印象が強すぎて有馬記念しか話題にならないよね

  • なるほど そういう主旨の特集でしたか

  • 川崎競馬で芦毛、白毛限定のレースがありましたね。

  • 個人的にはセイウンスカイの菊花賞かなぁ。世界レコードだったっけ?翌年覚醒するスペシャルウィークを完封したことにも価値がある。 次は『伝説のオープン・条件戦』とかやってほしい。もちろん投稿者の主観で。既にやってたらごめんなさいm(_ _;)m

  • ディープの宝塚は、坂の下りからの加速がバケモン過ぎましたね...!

  • 1974年有馬記念タニノチカラ 1977年有馬記念テンポイント

  • 秋古馬三冠を成し遂げたのは歴代2頭しかいない。 ロブロイは前年秋に斤量有利で勝てなかった同厩の先輩クリスエスの存在感が強くて クリスエスの有馬レコードを塗り替えてもなお、クリスエス>ロブロイの歴史的評価。 オペラオーは1つ上の強力世代が揃って抜けたことと、 同世代、1つ下世代が今いちインパクトに欠けたことで 無敵の強さが霞んでしまった感。

    • 秋古馬三冠ってやはりメンバー的に恵まれないと達成できないようになってるんですかね?(笑) 僕も競馬始めた時は「テイエムオペラオーより強い馬なんかいないよ」って周りにずっと言ってたけど 社会人になってからは オペラオーはスペシャルやグラス、そしてデジタルやマンカフェより全然弱いじゃん。 と知りました。 ロブロイも大好きな馬でしたが有馬記念でレコード叩き出した時も「この遥か前にシンクリはいたのか」と少し複雑な気持ちになりました。 この考えでいくと ゴールドシップも有馬記念でオルフェーヴルはおろかバリアシオンにも先着できないのか 恵まれた馬だったんだなとか考えてしまいます。

  • これだけ子供多いとサンデーサイレンス買った人は余裕で元取れたんかな

  • びみょーーーーにおぼえているのがスクリーンヒーローのJC

    • サムソン、ウォッカ、ディープスカイの3代ダービー馬が出揃って どの馬が勝つのか とワクワクしてたらまさかの 「え、うそやーん」 ってなったレース(笑)

  • ぐっちさんきっとシンボリクリスエス 好きだよね、自分も大好きなので嬉しい

  • ディープインパクトJC複勝130円もついたんか、うまいー

    • 単勝ですね。

  • ソダシパワーでオススメに上がってきた

  • フィエールマンて天皇賞春2連覇してるけどあまり印象無いんだよなぁ。何故か1番印象あるのは天秋の2着のやつ。えっ?この馬案外強いじゃんて失礼ながら思った。

  • 最近は負けると馬場を言い訳にすることが多い気がするけど宝塚で雨の稍重を当たり前のように圧勝するディープはやっぱり凄い。

  • ルドルフの皐月賞とか?

  • あまり関係ないけどエルコンドルパサーは初期の頃ダートで走っていた。

    • @67 umechang エルコンドルパサーは私もそう思います。

    • エルコンとダイワメジャーはダートでも最強クラスだったんじゃないかと思います。

  • ゴールドシップは勝ち方がほかの馬にできない非常識なもので、結構おぼえてますね(笑) やっぱりレースをどんな風に勝つかっていうのも、人気のひとつなのかもしれません。

  • テイエムオペラオーがいて ほっとした

  • ジェンティルドンナ自体が、エアグルーヴ・ブエナビスタ・リスグラシュー・アーモンドアイの名牝に挟まれて地味になった。

    • ジェンティルってめちゃくちゃ強かったのにまぁまぁ評価低いですよねー 欲を言えば少しドラマがなかった馬なのかなーとか思います(笑) でもめっちゃ強かったと今でも思ってます。

  • 確かに… ディープインパクトでインパクトあったレースって若駒Sと阪神大賞典くらいの気が。 ナリタブライアンは4歳時の阪神大賞典がおかしすぎて他が霞んでしまう。

    • @マンゴーマンゴー さん それが正しいと思います(^^;;

    • 感覚が麻痺してるんですよ

    • @sig/シグ さん いやあ、もう若駒Sとデイリー杯で「あ、これ全部持ってくわ」と思ってしまったので、 クラシックもその後も当たり前のレースしただけだな、って思っちゃうんです。 その中でも圧倒的な力差というのを見せつけたのが奇しくも阪神大賞典だった、という訳です。 ディープインパクトの春の天皇賞は、追いかけてタレなかったリンカーンの方が逆にインパクトありました(^^;;;

    • ブライアンはダービーは大外どころが外ラチ沿いを走ってのぶっちぎり、菊花賞は伝説の八馬身差。 朝日杯は圧勝して年度代表馬で票を獲得。 皐月賞が一番印象薄い。

    • その二頭はどちらも三冠レースは割と有名だと思う ディープなんかはそれに加えて引退レースの有馬記念と、異常な上がりタイムの天皇賞春とかも

  • テイエムオペラオー宝塚記念

  • 個人的にはエピファネイアのJCですね。 ジャスタウェイをあそこまでちぎって勝ったのにあまり語り継がれていない記憶があります。

  • シンザン(1965年 宝塚記念 騎手:栗田勝)。 八大競走の制覇数から『五冠馬』と称されるシンザンの、G1級レースで唯一語られていないレース。そもそもカウントされない時点でこのテーマそのものだろう。 苦手な不良馬場を克服ということでは、ラストランの有馬記念よりも語られていいし(有馬記念は物語上不良馬場だと思われがちだが実は稍重)、2着馬だってそんな弱い馬じゃない(確かバリモスニセイ)。何よりも有馬記念と同じグランプリ。何がダメなのか。 他の馬も宝塚記念は低く見積もられている事が多い。季節柄なのか、ボーナスが出る寸前にあるからなのか。まあ、後者は私には関係ないのだが。 あと、今回取り上げたレース達を見て、実況に盛り上がりを欠くのが多い気がしたのは私だけだろうか。意外とそんな理由だけのような気がする。

  • どのレースを見ても共通するのが相手が弱いなというところ😅このあたりが語り継がれない要素なんでしょうね💦

  • ブエナビスタ、唯一買ったことのある馬券。有馬記念。電車賃無くして先輩から1000円借りたなあ。

  • テイエムオペラオーなんて年間全勝の偉業成し遂げたのに年の最後の有馬しか覚えてない。

  • ダンスパートナーで思い出した。96年にヒシアマゾンとの直線叩き合いがあったけど97年にその逆でエリモシックとダンスパートナーで直線の叩き合いがあって。 河内さんと的場さんがまたすごかったんですよね!

  • シンザンの宝塚記念かな…今の時代ならG16勝のはずなんだけどな…

  • こういうレースをこなして段々と強くなっていくのです。

  • 96年エリザベス女王杯ダンスパートナー。 結果降着になるがゴール前ヒシアマゾンと叩き合いになりまさに女の意地のぶつかり合い、新旧の女王の争いが繰り広げられる。

  • メイショウサムソン勝ったG1全てあまり記憶にない。 石橋守さんもあまり分からない、、

    • 天皇賞・秋は何となく覚えてます コスモバルクの斜行が

    • ソングオブウインドの菊花賞は凄い印象に残ってるのに

  • キタサンブラックの菊花賞はかなり話題になりましたよ。 テレビの実況の「サブちゃんの夢を乗せてキタサンブラック!」とか「祭りだ!淀は祭りだ!キタサン祭りだ!」は鮮明に憶えています。

    • 菊花賞勝ったこと自体は話題になったのにそのあと(特に5歳)のキタサンブラックがあまりにも強すぎたせいで今振り返ると印象薄くなってるイメージあります 菊花賞の中では話題になった方だけどキタサンブラックのレースの中では印象弱いという感じ...?

    • ですよね! 当時はフロック扱い気味なこともあって 北島オーナー涙のG1初勝利は スポーツ以外の一般ニュースでも大きく扱われてた記憶があります むしろ三冠が絡まない菊花賞としては トップクラスに有名なレースじゃあないかなぁ?

  • オルフェの1回目の有馬ですかね。 コメ欄で見るのは2回目の圧勝ばかりですが、1回目の有馬は前半1000mが63.8の超絶スローペースであの豪華メンバー相手に大外を捲って勝利は今見ると衝撃ですね。 ジャスタウェイの安田 あまりコメ欄で見かけないので思いました。 先生というハンデや直線不利がありながら上がり最速で馬群を割ってきた時は驚きました。 結果だけ見て「グランプリボスとハナ差かよww弱www」と思ってる人には是非レースを見てほしいですね。

    • 確かに。同一レース連覇や複数回制した時ってどうしてもインパクト強い方しか記憶がないんですよね。動画でも紹介された2013ジャパンカップや2002有馬とかがいい例かなと思います。

    • @REN :H レーティングの付け方自体も着差がメインですからね。 アーモンドアイのVMが124でグランアレグリアの安田記念が121。グランアレグリアの安田の方がメンバーが強いはずなのに着差だけで下になってますから納得いきません。 同一G1勝利で僅差の方が印象に残っていて、パッと出てくるのはグラスワンダーの有馬記念ぐらいですかね?

    • 着差以上に強い決着のレースは評価が低くなりがちな印象があります。 複数回勝っていて片方がわかりやすい圧勝だと、特に。

  • ペリ工 上手いな

  • シンボリクリスエスの有馬記念といえばほとんどの人がラストランの2003年の方を思い出すからな

  • いつも見ていてとても面白いです

  • マックイーンやトップガンの宝塚記念も影薄い感

  • いつも見てとても面白いです^_^

  • カンパニー天秋

  • ダイワスカーレットの秋華賞かな。桜花賞、オークス、NHKマイル勝ち馬に加えてダービー馬まで出てきた。多分もう2度と見れない光景だろうな。(スプリンターズも3歳牝馬が勝ったからな。)

  • クラシック登録料とは別に2週前の最終登録で36万かかります。 差額は160万円ですね。

  • 外国産馬で3冠は無理だったけど、秋華賞とJCの走りを観たらファビラスラフインも惜しいなぁと思う。

  • メジロラモーヌここに入らないのかー。 秋華賞がない時代の牝馬三冠馬だから入ってくるかな、と思ったのだけど。

  • スガノホマレもありかも…

  • ヒカリデュールの有馬記念 …鮮やかでした…

  • 昔ならタニノムーティエも入るかな…戦歴、夏の休養に至る過程、今なら絶対しないだろうな…

  • アローエクスプレスかな…種牡馬としての価値も込みで…今の時代に種牡馬になっていれば…

  • ナルシスノワールあたりはいかがでしょう…